ハイヒール
バンダナ

職種に合わせたコーディネート
―面接の時の格好について教えて下さい。

アパレルの卸売りをやっている会社を受けたときは割と派手な格好で行った。だけどその会社のブランドの物は一切身に付けて行かなかったです。
周りの人はそこのブランドの物とかでキメキメだったんだけど、私はそういう格好は、アパレルの人から見ると見飽きてるんじゃないかと思ったの。
だからあえてそこまでキメない格好で行こうと思って。募集要項にも「いつもの格好で来て下さい」って書いてあるし。
私は学校にちょっとお洒落して行くような格好の感じにしました。
噂に聞いてたのが、受ける会社のブランドの物で固めて行くと、本当はいつも着てないでしょ?って見られちゃうって話。実際、私はその受けた会社のブランドの物をそこまで持っていなかったけど、興味があるから受けますっていう意志とそれを発言することに自信があったから、特に身に付けて行かなかったんです。

―会社によって服は変えたんですか?

ブライダルジュエリーを制作している会社を受けたときは、割と落ち着いた格好にしました。「普段着で来て下さい」って指定でした。
あまりに変わった格好をしすぎると、これからジュエリーをフルオーダーをしようとしてるお客さんが「この人にデザイン頼むと、奇抜な物を造られちゃうんじゃないか」って思っちゃう。
格好にその人の個性が出てるのは良いけど、あまりに奇抜なのは避けた方が良いなと。
「有る物」を売るなら服に個性があっても良いけど、「無い物」をこれから一緒に造るのなら、あまり派手じゃない方が良いよね。こっちが絵を描いたり、お客さんが想像したりして成り立つ職業な訳だからそれなりの服を着なきゃいけない、って気持ちで行きました。
黒のタートルネックにワッペン付けたり、ちょっとした自分らしさは付け加えたよ。気に入ってたタイトスカート履いて、雨かもしれないからってブーツ履いたかな。
ロングヘアーはまとめました。どこの会社でも髪はまとめた方がすっきり見えて良いのかもねー。
ジュエリー会社だけど、私はジュエリーを一切付けて行かなかったです。
相手がジュエリーに対して完全に見る目がある訳だから、自分が「良い!」と思っていても相手にしたらチャチなものだったりしたら、ちょっと嫌だなあって。
周りは色々ジュエリー付けてました。

―特に気をつけたことは?

いかにその会社に馴染めるか、について気をつけました。
私は私服が派手な方だから、自分らしさをガンガン出しすぎても良くないし出さな過ぎても良くないし、程よい加減を目指しました。
あと自分に自信を持つことは超大事だと思う!就活って、相手が自分を選んでくれるって思うけど、こっちも相手を選べる訳だもんね。そういう気持ちで受け答えしました。
それと、嘘はつかない。嘘ついて入社して、あとで苦しくなるのは自分だから。でも話を盛るべきところ、印象づけたいところは盛ったよ。自分の本質については盛らないけど。
私服って悩むよね。私も私服が派手だから、ユニクロで服選んだりしてました(笑)。