重ね付けアクセ
籠バッグ

アパレル系必須の履歴書コーデ
―私服、アクセ選びで気をつけたことを教えてください。

まず、第一に普段の自分の印象を与えられる洋服を選ぶことに注目しました。
そして、どこかにインパクトを持って行きたかったので自分の好きなビビッドなカラーを選択しました。
しかし、あまり飾り過ぎても悪印象かと思い、過度に装飾することは注意しました。
アパレルの販売職では、1つのアイテムで様々な提案ができるようにあえて、シンプルな服装を選んでアクセサリーなどを変えることによって印象も変えられるようにチョイスしました。

ー面接でのエピソードってありますか?

洋服に関して突っ込まれたことはなかったなあ・・・

ー周りの子の様子ってどんな風でした?

アミューズ…私服もスーツも可能だった。私服とスーツは半々みたいな感じ。割と、普段着でみんな来ていました。
IT系のベンチャー…ここも3人の面接で私服は私のみ。
ウェブ広告…スーツも私服も可能であって、私以外みんな私服でした。
私は、前の選考と重なってスーツ。
アパレル…わりと自由に選んでたし、挑戦するってよりも万人受けみたいな印象。

ーこれからの就活生にアドバイスをお願いします!

私服面接って何を着て行こうか、気合いが入るところだと思います。私も、3日くらいふつうに悩みました。
本当にデートに何を着ていけばいいかわからないくらい、迷うと思いますが(笑)結局、自分が普段着ていて一番自然な服装がベストだと思ってます。
それが自分らしさとなって、面接でも緊張感が和らげて、言いたいことを言えた気がします。
だから、気張らずに自分の好きな服で思いっきりアピールすることが私服面接の強みなのではないでしょうか。
ほとんどの面接でスーツだった分、私は私服面接は息抜きのような感覚で就職活動をしていました。
少し、楽しみであったかもしれません(笑)
今となって、言える話だとは思いますが、洋服やファッションが好きな方だったら就職先にするのでなくても、1つの経験として私服面接をやってみると面白いと思います。
私は、結局がちがちのスーツの会社に内定が決まりましたが、今思えば、すごい楽しい経験でした!!